ルテインは賛否両論

 

ルテインの口コミを見ていると、ルテインはよく賛否両論です。
中でも、ルテインのことを悪く言っている人の場合、ルテインのことを医薬品だと勘違いしている節が見られます。
「ルテインを2、3日飲んだけど何も変化がない」など、即効性を求めているような記述が見受けられます。
ルテインだけではありませんが、サプリメントはそもそも医薬品ではありません。
そのため、薬のように、すぐに症状を改善するようなものではないのです。
それがわかっていないで、たった数日使用しただけで、効果が出ないと、「ルテインは使えない」と口コミをしている人もいます。
やはり即効性を求めたい気持ちもわかりますが、機能性食品にそこまでの効能を求めること自体が間違いです。
もしも医薬品の効果を求めているのであれば、病院へしっかり診察をしてもらい、薬を処方してもらうのが一番です。
やはりサプリメントにそこまではっきりした効能を求めることは難しいです。
サプリメントは通常、2、3カ月使用などの、ある程度の期間使用することによって、徐々に症状を改善していくような商品です。
そのため、数日〜1週間程度で効果を実感するまでの力はありません。
気長に使うことが大事ですね。

 

 

加齢黄斑変性症に良いルテイン

 

ルテインは医薬品ではないですが、科学的根拠があるとされる、ある程度信憑性のある有効成分を使用した機能性食品です。
ただし、ルテインと医薬品を比べてしまうのは、さすがに酷!
でも、加齢黄斑変性症のように、内服薬による確立した治療方法がない症状にとっては、ルテインのサプリメントは良い予防方法になります。
加齢黄斑変性症の治療となると、レーザー治療や手術などがメインです。
そのため、内服薬だけで加齢黄斑変性症を治したいと思っていても、本格的な加齢黄斑変性症になってしまった場合は、手術を受けるかしか方法がありません。
そして、サプリメントである程度の加齢黄斑変性症の予防がデキるルテインというのは、実はすごく貴重な存在なんです。
もしも加齢黄斑変性症になってしまったら、もう解決するには、手術しかありません!
当然目の手術となれば、怖いですし。
何よりも経済的に不安ですよね。
それだけに、目のことが心配な人は、やっぱり、早くからルテインを飲んで加齢黄斑変性症を予防しておくというのが、一つの方法になってきます。
目の病気は放っておくと、良くなるケースが少ないので、悪化するばかりです。
いつかは視野が狭くなり、歩行にも障害が出てくるようになります。