ルテインに過剰な期待は禁物

 

ルテインサプリメントを医薬品だと思って、すごく過剰な期待をしている人がいますが。
実はルテインサプリメントは医薬品ではありません。
サプリメントは効果が出るまでは、かなり時間を要します。
しかし、サプリメントを使う人の中には、すぐに効果を求める人もいますよね。
そういう人は、どんなサプリメントを飲んでも、なかなか満足しないと思います。
特にルテインのような、緩やかな改善が特徴のサプリメントは、なかなか劇的な変化を感じるサプリメントではないので、効果がないと感じる人も多いのだと思います。
長年ルテインを飲んでいる人からすると、その効果を感じる人も多いんですけどね。
サプリメントはやっぱり、医学的に根拠のあるものではないので、即効性という点では、医薬品には敵いません。
それだけに、サプリメントは長期戦での改善を考えている人には役立ちます。
私はサプリメントを使う時には、1カ月くらいで効果が出れば、早い方だなって思います。
でも、中には、1カ月以内で効果を実感したいっていう人もいますよね。
サプリメントを使うのに、1カ月では、なかなか効果を実感しにくいと思いますので、やっぱり私は数か月、じっくり試してみて、それで判断するべきだと思います。

 

 

ルテインのことを医薬品だと思っている人

 

ルテインのことを医薬品だと思って、即効性のある効能を求めている人がいます。
しかし、ルテインは医薬品ではないので、はっきりした効能がすぐに表れるわけではありません。
コラーゲンとかは、翌日に肌のハリが良くなるので、即効性が出やすいサプリメントだと思います。
でも、ルテインはコラーゲンなどのように、即効性があるサプリメントではないので、1日や2日飲んだくらいで、すぐに何か違いが出てくると言うことは少ないと思います。
サプリメントも、それぞれの有効成分によって、効果が早く出るものと、なかなか出ないものってありますからね。
せっかちな人の場合は、やっぱり1週間くらいで結果が出て来ないと、「ダメだ」って諦めてしまう人もいますよね。
ただし、ルテインのサプリメントは、治療が確率されていない加齢黄斑変性症の予防や改善に効果がる、数少ない有効成分とされているので、加齢にが気になる中高年にとっては非常に頼りになる有効成分です。
加齢黄斑変性症は、手術による治療しか現在はないので、痔加齢黄斑変性症の手術を避けたいのであれば、ルテインサプリメントで予防するのが、地道な対策方法となります。
大きな病気は発症させないことが大事ですからね。